各国COVID-19レポート 2020/05/08

COVID-19各国の現状は?

今年の始めより突如感染者が表れ、日を追うごとに感染者が増え続けるコロナウィルスに関して、まだ具体的な解決方法は発見されていません。このような現状ではありますが、世界各国では感染の拡大を防ぐべく様々な取り組みが行われています。

ここでは、世界各国の中からアメリカを始め、いくつかの国と地域の取り組みを紹介したいと思います。

対象国または地域:アメリカ

感染者数:818,744人(2020年4月22日時点)

※出典に最新の状況が更新されていきます。

USAのタブを押すと州ごと、デイリーのグラフが確認できます。

出典:https://www.worldometers.info/coronavirus/

最新状況

・アメリカは、新しい感染者数は一時のピークよりも減少傾向にありますが、依然として新規感染者数が2,500人以上となっています。また死者数も1週間前と変わらず、1日あたり1,500~2,500人が確認されています。

出典:感染者数数値をもとに考察

・基本的には国(大統領発令)の方針よりも各州の方針によって状況が異なるため、国民は州の方針を頼りにしている状況です。

・カルフォルニアは早めにロックダウンが開始されたため感染拡大は比較的遅いと言われており、ニューヨークについてはピークを越えた状況であると言われています。

・また現在のゴールはflatten the curve=現在同等の数値(グラフの数値を平坦化させる)という点にあるため、1日の感染者数が前日対比で同等となってきている現在は、高い数値ではあるものの良い状況になってきていると受け止めています。

出典:現地ヒアリング

以下、参考画像

出典:https://www.npr.org/sections/health-shots/2020/03/16/816707182/map-tracking-the-spread-of-the-coronavirus-in-the-u-s

うまくいっていること

・ロックダウンと警戒態勢は強化されています。

出典:現地ヒアリング

うまくいっていないこと

・老人ホームでの集団感染が相次いでいます。施設内で感染者が出た際に事業者が入居者家族等に報告を怠るケースが相次いでおり、政府は報告規則を強化することを事業者に通達しました。

出典:https://www.npr.org/sections/coronavirus-live-updates/2020/04/20/838285870/nursing-home-covid-19-reporting-rules-to-be-strengthened

・人権を訴えるために、ビーチ、公園、協会等に外出しソーシャルディスタンスを保たない人がおり、政府はパトロールを強化しています。またそのためにロックダウンが長引く可能性も示唆されています。

出典:現地ヒアリング

助けてほしいこと

・景気を動かす金融政策を求める声が挙がっています。

出典:現地ヒアリング

何が足りていないか

・職を失った人、貧しい人への仕事または補助が足りていない状況です。

出典:現地ヒアリング

・医療系関係者への不足しているもののアンケート結果(以下図)において、個人用防護具(PPE)といわれる物資(マスク、ガウン、体温計、ブーツ、グローブ、ハンドサニタイザー、消毒用洗剤)がどの医療機関でも不足していることが判明しました。

・物資不足はどの州においても顕著で、且つ中小規模の施設・病院には届きにくいといった回答も上がっています。

出典:https://time.com/5823983/coronavirus-ppe-shortage/

対象国または地域:ハワイ

感染者数:541人(2020年4月16日時点)

※出典に最新の状況が更新されていきます。

USAのタブを押すと州ごと、デイリーのグラフが確認できます。

出典:https://www.worldometers.info/coronavirus/

最新状況

(記載がないので空白にしました)

うまくいっていること

・感染者が少ない時期(3/23より)外出禁止になりました。

・多くの人が自宅待機、もしくは自宅勤務になり、外出している人はほとんどいなくなりました。

ただ、生活に必要な買い物、最低の健康管理のためスポーツ(ジョギング、散歩やサーフィンなど)は許されており、住民もそれほどストレスを感じず生活しています。

・また、州外からのハワイ州に来る人の14日間の隔離や、イースター祭期間(4/10-12)の11PM-5AMの間一切の外出を禁止、4/20以降は外出時のマスクの着用を必須など、かなり徹底された対策を実施しています。

・スーパーなどでも徹底した衛生対策がされています。入場規制やソーシャルディスタンス、エコバックの利用禁止、レジでは接客後の清掃などがどのスーパーでもしっかりと実施されています。

・その結果、ハワイ州では大きなパンデミックを起こすことなく順調に感染者数を抑えることに成功しています。

出典:現地ヒアリング

うまくいっていないこと

・多くの観光業でなりたっているハワイ州ですが、観光客がハワイに来なくなり多くの人が現在失業しています。現時点では、24万人以上が失業保険を申請しています。

・失業保険のサイトへのアクセスが集中しなかなか申請ができない、給付金がすぐに受け取れないなどの問題が出ています。

・また、ハワイ州の公務員の給料を20%カットすることも検討されていて、経済的なダメージはかなり大きい状況です。

出典:現地ヒアリング

助けてほしいこと

・観光業でなりたっているハワイ州では、失業が多いのが大きな問題です。ハワイ州での感染者が減らせても、世界中(特にアメリカ本土、日本など)でコロナが収束しない限りハワイ州の経済は復活できません。特に日本の方には、STAY HOMEなどできることを実施して欲しいと思っています。

出典:現地ヒアリング

何が足りていないか

・外出禁止が発令された時点では、トイレットペーパーや消毒用品が品薄になっていましたが、現在はある程度在庫もあるようで買えるようになってきました。

・4/20よりマスク着用が必須になる中、マスクは足りていないように感じます。

出典:現地ヒアリング

対象国または地域:イタリア

感染者数:197,675人(2020年4月26日時点)

※完治者も含む

※出典に最新の状況が更新されていきます。

Italyのタブを押すと日ごとのグラフが確認できます。

出典:https://www.worldometers.info/coronavirus/

最新状況

・イタリアの1日ごとの新規感染者数、死者数はピークを越え、減少傾向にあります。

・現在のアクティブな感染者数は初めて前日比で減少しており、良い傾向となっています。

出典:https://www.aljazeera.com/news/2020/04/italian-covid-19-cases-fall-rome-grapples-easing-lockdown-200423162822508.html

・5月3日まで続くロックダウンの現状において、外出はスーパーへの買い出しとペットの散歩、ランニングのみ許されている状況で、外出時は身元情報や住所、外出の理由を記した書類を持たないといけません。また、常に警察が違反者がいないか警備を強化して確認しています。

出典:現地ヒアリング

・ミラノなどがある北部ロンバルディア州で、23日から新型コロナウィルスに感染したかどうかを判定する抗体検査を実施します。検査はまず医師や看護師など医療従事者から始め、一般の市民に対象を広げて実施される予定です。

出典:https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3962779.html

・5月4日から工場の操業や建設工事の再開を認めるほか、運動のための外出や家族のもとや公園に行くための外出も一定の条件で認めると発表されています。

・今後は段階的に制限を解除していく方針を示し、5月18日には多くの商店、博物館や美術館などの開館、6月1日からはレストランやカフェ、美容院などの営業を認める予定です。

・ただし、1メートル以上(スポーツでは2メートル以上)の距離を空け、屋内や公共交通機関など閉鎖された空間ではマスクの着用を義務づけられています。

出典:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200427/k10012406831000.html

https://www.asahi.com/articles/ASN4W2FPLN4WUHBI001.html

うまくいっていること

・スーパー、市場ともに入場制限があり、入る際には手袋とマスク着用が義務化されており、みなルールを守っています。また、政府が設けた外出禁止令に対して初めは南イタリアの治安が悪く上手くいっていない時期もありましたが、今は皆ルールを守るようになっています。

出典:現地ヒアリング

うまくいっていないこと

・マスクを着用する人が増えていますが、煙草を吸うためにマスクを着用しない人も未だに多いです。規制を設けても守らない人が一部います。

出典:現地ヒアリング

助けてほしいこと

・家賃やローンの支払いについて、不動産の家賃を待ってくれる大家さんや金融機関がローンの返済を待ってくれるケースもありますが、個人差があるため均一化してほしいという声が挙がっています。

・失業者が増えており、飲食関係で働く人々は特に経済的に安定しないので助けてほしいです。

出典:現地ヒアリング

何が足りていないか

・特にありません

対象国または地域:オーストラリア

感染者数:6,647人(2020年4月22日時点)

※出典に最新の状況が更新されていきます。

Australiaのタブを押すと2日ごとのグラフが確認できます。

出典:https://www.worldometers.info/coronavirus/

最新状況

・スコット・モリソン首相は最近の状況について、以下のコメントを残しています。

・・オーストラリアのコロナウィルス感染者のうち約3分の2が回復し、22日火曜日の午後には、感染者は国内で2,500件未満となっています。

・・テストにおける感染者数は減少したが、ウィルスはまだ拡散しています。そのため、もう少し継続的に辛抱する必要があります。

・・オーストラリア人の努力によって、過去9日間連続で感染率が1%未満にとどまっています。

出典:https://www.abc.net.au/news/2020-04-21/key-points-from-scott-morrison-latest-coronavirus-update/12169380

・2月の時点で中国からの入国者を隔離対象とし、早めの国境封鎖が効果を発揮して最近の状況は落ち着いてきています。

・シドニーのあるニューサウスウェールズ州でも、1日の新規感染者数は20人ほどです。さらに試験対象の条件が緩和され、今では高熱、咳の条件を満たさずとも検査が受けられます。検査もドライブスルー方式が導入されるなど人々が密集しないよう工夫されており、対策の効果が出てきている状況です。

出典:現地ヒアリング

うまくいっていること

・3月下旬からほとんどのオフィスでリモートが推奨されています。またソーシャルディスタンスは徹底されており、スーパーでは入場制限が実施され人の集まりやすいビーチは閉鎖されています。

・カジノやジム、映画館などの娯楽施設は3月下旬に閉鎖されました。しかし、釣り施設やゴルフ等ソーシャルディスタンスを守れる施設は開いており、エクササイズなどでの外出は許されているので、市民にとってストレスの発散場所は残されています。

・むやみに全ての施設を閉鎖するのではなく、閉鎖する施設の定義がしっかりしているため事業主は納得している傾向があると思います。

・また特別補助金制度もあり経営者や職を失った永住者、オーストラリア国民には失業手当があります。失業をした場合は、雇用主から1,500ドルを受領することができます。

詳細:https://www.finder.com.au/coronavirus-lost-job-help?fbclid=IwAR23AfdjYX4-OSz7dc12xFvRlbdjHCtVooSgM9r3NkDDon67QRupGyTb99A

・また、オーナーは雇用を守りたい従業員がいる場合、国から2週間あたり1,500AUSドル/人を受領することができ、従業員に支払いをする仕組みがあります。(但し、支払いを受けるには、雇用主とその従業員がさまざまな基準を満たしている必要があります。)

詳細:https://www.ato.gov.au/General/JobKeeper-Payment/?fbclid=IwAR2Kl_IR2agx90l53GRPDv78O08tIl_pTIHnVpbnPMAo8scOY-Lvb3X1cOs

出典:現地ヒアリング

うまくいっていないこと

・特になし

助けてほしいこと

・永住者、国民へのサポートは厚いが、留学生やワーキングホリデー、それ以外の人には手当てが少ないので(早期年金引き出しが出来るようになることくらい)、サポートを厚くしてほしいです。

・移民の多いオーストラリアにおいて、貯金や家族からのサポートがない人たちは帰国せざるを得ない状況となっています。手当を受けられる居住者の定義を見直してほしいです。

出典:現地ヒアリング

何が足りていないか

・アルコール除菌、ハンドソープの品切れ状態が続いています。

出典:現地ヒアリング

対象国または地域:マラウィ

感染者数:16人(2020年4月22日時点)

最新状況

●マラウイでの4月3日に国内で初めての感染者が報告されましたが、マラウイ政府は3月21日に国家災害宣言が行われ、以下の施策が実施されました。

・保健省による国境のスクリーニング強化

・国際会議等を停止し、感染国の主催する会議等への公務員の出席を禁止

・感染国への不要不急の移動を避ける

・公立私立すべての学校、大学に対し3月23日から休校

・集会(結婚式、葬式、教会、集会、政治集会などを含む)を100人以下に制限

・高感染国からの外国籍者の入国を禁止

・高感染国からマラウイに帰国した居住者とマラウイ人は自主隔離か当局による隔離対象とする

・新型コロナウィルスの高感染国の国民へのビザ発給を一時的に停止

・無期限で国内の公立・私立の学校全てが閉鎖

●医療機関には以下の要請が出されています。

・病院への訪問者をランチタイムの1時間に制限

・1人の患者に対して1人の付添人のみとし、保護者には許可証を発行する

・付添人は病棟の外で食事をする

・病棟内の混雑を避ける為、付添人は患者の家族、近親者、訪問者と病棟の外で面会する

・病棟内の混雑を避ける為、回復者がすぐに退院できるように院内巡回を定期的に行う

・病院管理者はPPE(個人保護具)を常に利用可能にしておく

・首都リロングウェをはじめ、ブランタイヤ市、ムズズ市など各都市の主要医療施設で感染者の受け入れ体制が進められています。しかし、隔離病棟の設置や検査環境の整備が行われていますが充分とは言えない状況のようです。

・人工呼吸器の数で言うと、リロングウェに5機、ブランタイヤ、ムズズ、ゾンバに各4機で、計17機しかありません。これから支援や再投資によって設備・機器の増加は考えられますが、肺炎が重症化した際に治療できる人数は相当限られています。

・また、PPE(個人防護服)の準備や労働環境は万全ではないようで、国内で二番目に規模の大きいブランタイヤにあるクイーン・エリザベス中央病院では、PPE不足や労働環境・待遇改善を訴え、医療従事者によるストライキが4月14日に行われました。その後に、海外支援団体から医療設備の提供が決まっていますが、一部の医療従事者が4月16日に再度、危険手当の改善などを求めてストライキを行いました。また、政府は2,000人の医療従事者の新規雇用を発表していましたが、現時点で人員が増えていないという事も併せて訴えています。

●商業施設に対しては以下の要請が出されています。

・手洗い、消毒設備の設置する

・訪問者へ手洗い、消毒を実施させるための人員配置する

・従業員のマスク着用する

・訪問者がどこから来ているのか確認する

・風邪の症状を早急に発見し、マスクを提供する

・熱と咳がある場合は自宅で待機する

・感染国から戻ってきた人と接触した場合、直ちに保険当局へ知らせる

・手袋は使用せずに、手のアルコール消毒を行う(スーパーマーケット)

・実際にブランタイヤ市内の高級スーパーマーケットに訪れた際には(3月20日時点)、入り口での客さんの手洗い所の設置とスタッフ配置がしっかり行われていました。私が訪れた時点では全従業員のマスク着用は行われていませんでした。

●マラウイでは75%がキリスト教徒で、多くのマラウイ人が週末には教会へ行きます。教会での集団感染を懸念し、教会へも以下の要請が出されています。

・混雑を避け、教会内の人数を100人未満にする

・教会の催し時間をずらし、少人数で行い、可能であれば屋外で行う

・教会内で座る場合、1メートルの社会的距離を保持する

・大規模な集会、結婚式、洗礼式を一時中止する

・水と石鹸の手洗い場かアルコール消毒設備を設置

・通常ですと中規模の教会であればどの教会もゆうに100人を超える人が週末に集まります。教会での現地の状況について、首都リロングウェの中でも大きな教会の一つであるリクニ・パリッシュ・カトリック教会の管理者に状況を聞くと、当教会には3,000人が集まるとの事なのですが、この教会では集会の回数増やして、毎回の実施人数を100人に制限しているとの事でした。

●都市部で人が密集する場所の一つとなる、銀行に対しても以下の要請が出されました。

・可能な限り電子決済を推進する

・処理スピードを上げる為、窓口の人員を増やす

・入口にアルコール消毒設備を設置する

・守衛は全員が入行時に消毒している事を確認する

・行内の人数を制限する

・行員はマスクを着用し、紙幣を扱う際は使い捨て手袋を使用せずに、アルコール消毒を行う

・列では可能な限り1メートルの間隔を空ける

・ATMに手洗い消毒を設置し、定期的にATMをふき取る

・実際にブランタイヤ市にあるスタンダード銀行のブランタイヤ支店へ訪れると、上記施策はほぼ行われていました(3月20日時点)。列の1メートル間隔を空けることについては、まだお客さんの意識の低さもあり、徹底はされていませんでした。行員はビニールの手袋を着用してはいましたが、お金を扱うたびに消毒スプレーを手にかけており、かなり対策されている印象でした。

・上記以外の政府要請としては、3月28日に4月以降に国境を超えるバスの運行が禁止されました。市内や都市間を運行するミニバスについても、乗員数の上限が15人から8人に制限される事になります。この制限を受けて、ミニバスの料金が値上げされています。

●4月14日にマラウイ政府が全国に対して、4月18日~5月9日までロックダウンを行う旨を発表しました。主な規制内容は以下のようになっています。

・ローカルマーケットの営業を午前6時~午後2時に制限

・自治体が必需品の販売者に販売許可を与える

・必需品販売者以外の移動を禁止し、必需品購入の為の移動も制限を受ける

・遠方への必需品購入には自治体の許可が必要

・バー、クラブなどの娯楽施設の営業停止

・スポーツイベント、結婚式などの集会の停止

・葬式は社会的距離を保ちつつ、50人以下で実施し、可能な限り短時間で行う

・レストランなどは持ち帰りを除き営業停止し、医療施設居住者は自室での食事提供とする。施設内の食事は閉鎖された部屋では行わない

・公共交通機関は、緊急での必需品販売従事者と必需品の運搬にのみ運行が限られ、午前5時~午前9時と午後4時~午後7時の運行とする

・その他、自家用車、団体車両は無許可での利用は禁止

・農業・酪農については特定の時間内のみ厳しい衛生条件の下行う

・規制の徹底の為にマラウイ軍とマラウイ警察が配置される

・違反した者は20,000クワチャ(約3,200円)の罰金刑に加え,禁固3ヶ月の刑罰が科される

・マラウイは最貧国の一つとされている通り、経済的にかなり脆弱な国になります。農村部だけでなく、都市部でも低所得者が多く、その日の生活をしのぐためのお金を稼ぐ商売人がたくさんいます。このような日本で言うところの個人事業主のような方々を中心に、ロックダウンの宣言を受けて4月16日にムズズ市やブランタイヤ市で事業者によるデモが行われています。既に政府は、希望者へ6カ月間の延滞金無しでの納税延滞を実施する旨を発表していますが、同日夕方のニュースでは、政府からロックダウンによる経済的ダメージを軽減させる施策を実施する事が発言されています。

出典:現地ヒアリング

うまくいっていること

・特になし

うまくいっていないこと

・国単位での大きな問題としては、医療機関の感染者対応能力が低いというのがあると思います。諸外国、NGOなどから多くの支援が届いてきてはいますが、未だ充分な状態ではないようです。

出典:現地ヒアリング

助けてほしいこと

・国単位での大きな問題としては、国内全体で人工呼吸器は17台しかなく、医療従事者用のPPEも充分にないと言われています。

・民間レベルでは、まず感染予防の啓発が特に低所得者や農村部を中心に必要となります。それと同時に、マスクは個々で布を利用して用意できるのではないかと思いますが、日々使用する石鹸は家計を圧迫する事が予想されます。

出典:現地ヒアリング

何が足りていないか

・以前より医者不足が叫ばれ続けていますが、政府が現在募集している通りこれから医療従事者不足になる事も予想されています。

出典:現地ヒアリング

対象国または地域:イタリア以外のヨーロッパ諸国

感染者数:(各国: 2020年4月22日時点)

アイスランド     1771人

アイルランド     15251人

アルバニア        584人

アンドラ            717人

イギリス         120071人

エストニア        1528人

オーストリア     14710人

オランダ            32655人

北マケドニア     1207人

キプロス            767人

ギリシャ            2235人

クロアチア        1871人

コソボ               598人

サンマリノ        461人

スイス               27658人

スウェーデン     14385人

スペイン            195944人

スロバキア        1161人

スロベニア        1335人

セルビア            6318人

チェコ               6787人

デンマーク        7384人

ドイツ               141672人

ノルウェー        7068人

バチカン            8人

ハンガリー        1984人

フィンランド     3783人

フランス            111463人

ブルガリア        915人

ベルギー            38496人

ポーランド        9287人

ボスニア            1286人

ポルトガル        20206人

マルタ               428人

モナコ               98人

モンテネグロ     不明

ラトビア            不明

リトアニア        1326人

リヒテンシュタイン 不明

ルーマニア        8746人

ルクセンブルグ 3550人

最新状況

・特になし

うまくいっていること

・外出自粛やソーシャルディスタンス(対人距離)を国民が意識し徹底することによって、コロナウィルス拡大が抑えられています。また、スペインでは道路が封鎖され、警察に買い物で外出したことを証明するため、店で証明書を作成しています。

出典:現地ヒアリング

うまくいっていないこと

・各国で行われている休校措置によって、オンライン授業がある塾に通っている子と通っていない子との学力差が浮き彫りとなっています。

・各国は大規模検査を計画しているが、まだ実施には至っていません。工場や会社が封鎖され、失業が深刻な問題になっています。各国の失業率も高くなっています。コロナウィルスによる工場や会社の封鎖が長引くと失業者で溢れかえってしまうと懸念されています。

・輸出制限により、食糧困難に陥ってしまう国が出てしまう可能性があります。

出典:現地ヒアリング

助けてほしいこと

・特になし

何が足りていないか

・政府が把握していない感染者が非常に多いと考えられており、公式発表は信頼されていないので、信頼に値する情報が欲しいです。

出典:現地ヒアリング

upshare-kiji

all author posts