目に触れないで、あなたのクセが新型コロナウイルス感染リスクの盲点

目からの新型コロナウイルス感染リスク

新型コロナウイルスの感染経路や初期症状が徐々に明らかになってきましたが、「目」からウイルスが侵入する恐れがあることをご存知でしょうか。クセで触る、かゆくて擦る、コンタクトレンズの着脱など触れる機会が多い場所です。今回は「目」について感染する原因や注意点など、どのように対策するとよいのでしょうか。


目から感染することはあるか

新型コロナウイルスは主に飛沫感染もしくは接触感染による感染が分かっています。飛沫感染は感染者が咳やくしゃみをした時に出るウイルスが含まれたしぶき (飛沫) 、接触感染はウイルスが付着した場所を触れてしまった手などがそれぞれ原因となります。ウイルスを含むしぶきやウイルスが付着している手が口や鼻についた後、吸い込んだウイルスが呼吸器や消化器などの粘膜組織から体の中へ入っていきます。さらに、目にも結膜と呼ばれる粘膜組織があるため、目から感染することも十分に考えられます。実際に、新型コロナウイルス感染者の中で目のかゆみや充血が初期症状として現れたケースが報告されています。


目以外で注意すべき粘膜の場所

新型コロナウイルス感染症は呼吸器感染症の一種と考えられているため、主に気管支や肺の粘膜組織から侵入して発熱や咳などの症状が現れます。また、目からも結膜を介して感染すると考えられています。消化管に存在する粘膜からウイルスが侵入した場合は下痢なども発症することがあります。新型コロナウイルスが細胞内に入り込む時に細胞側に発現しているあるタンパク質と結合することが分かっており、そのタンパク質が鼻の粘膜上皮細胞に多く発現するという報告があります。つまり、ウイルスが比較的入り込みやすい鼻から感染する可能性が十分にあることを知っておく必要があります。


目から感染を防ぐために必要なこと

目をなるべく触らないように意識する

普段から無意識のうちに目を触ったりこすってしまう方もいると思いますが、目を触った手にウイルスが付着していた場合はそれだけで感染する恐れがあります。むやみに目を触ることは新型コロナウイルスに限らずウイルスや細菌などの病原体が感染する原因となるため、できる限り目は触らないよう意識して生活しましょう。

手洗いや消毒を徹底する

目をなるべく触らないようにするとはいえ、クセで目を触ることがあると思います。ふとした瞬間に目に触れて感染してしまうことを防ぐために普段以上に手洗いを徹底しましょう。回数を増やすだけでなく、石鹸やハンドソープを使った手洗いを心掛けてください。また、消毒用アルコールを使った消毒も感染予防には有効です。消毒用アルコールが手に入りにくい場合は塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウム水溶液で代用できます。手指以外のドアノブや机など多くの人が触る可能性のある場所を定期的に消毒しましょう。

目薬を使用する

かゆみを抑える成分が入った目薬が市販されているため、目がかゆくて仕方がない時に目薬の使用をおすすめします。どの目薬を選んだら良いか分かりにくい場合は薬局やドラッグストアにいる薬剤師や登録販売者に相談しましょう。目薬を使用する場合は点眼前後に手洗いを必ず行い、目薬の共有は避けてください。ただ、目のかゆみや充血が新型コロナウイルス感染症による可能性もありますので、日々の体調変化には十分注意し、必要に応じて厚生労働省のコールセンターや各都道府県が開設している帰国者・接触者相談センターへ連絡してください。


コンタクトレンズも着脱も要注意

コンタクトレンズの使用により新型コロナウイルスに感染するリスクが高まるという報告はありませんが、コンタクトレンズの着脱をウイルスが付着した手で行うと感染してしまう可能性があるため、着脱前後は石鹸やハンドソープを使用して十分に手洗いをしてください。また、コンタクトレンズの使用方法を今一度見直して適切なケアや保管を行い、他人との貸し借りは避けましょう。コンタクトレンズの使用に不安がある場合は眼鏡に切り替えると良いかもしれません。


クセを直すのは難しい、意識と予防でカバーを

新型コロナウイルスは何気なく目を触ってしまうだけで感染してしまう可能性があり、なるべく目を触れないよう意識する必要があります。目を触れる行為は自分が感染してしまうだけでなく、他の人にウイルスを拡げるかもしれません。その行為がクセの場合、無意識に触ってしまうこともあるため、いつも以上に手洗いや消毒など感染予防を行いましょう。

[参考資料]

公益社団法人 日本眼科医会 “新型コロナウイルス感染症の目に関する情報について (国民の皆様へ)

一般社団法人 日本コンタクトレンズ協会 “新型コロナウイルスとコンタクトレンズに関する情報への見解

⼀般社団法⼈ ⽇本環境感染学会 “医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド

第 2 版改訂版 (ver.2.1)

A Daruich et al., (2020) “Ocular Manifestation as First Sign of Coronavirus Disease 2019 (COVID-19): Interest of Telemedicine During the Pandemic ContextJ. Fr. Ophtalmol., S0181-5512(20)30148-0. doi: 10.1016/j.jfo.2020.04.002

Peng Zhou et al., (2020) “A Pneumonia Outbreak Associated With a New Coronavirus of Probable Bat Origin” Nature, 579 (7798): 270-273. doi: 10.1038/s41586-020-2012-7

Waradon Sungnak et al., (2020) “SARS-CoV-2 Entry Factors Are Highly Expressed in Nasal Epithelial Cells Together With Innate Immune GenesNat. Med., doi: 10.1038/s41591-020-0868-6

upshare-kiji

all author posts