医療用ゴーグルの選び方とは?新型コロナの感染を防ごう

医療用ゴーグルで新型コロナの感染防止

世界中で感染拡大を続ける新型コロナウイルスですが、目からも感染することがわかっています。そのため、医療用ゴーグルへの需要が高まっており、購入する方が増えています。しかし、新型コロナウイルスについての情報が錯綜する状況下では、今ひとつ目からの感染に対する意識が低い方もいるでしょう。

今回は、新型コロナウイルスは目から感染することがあるのか、医療用ゴーグルの選び方について、わかりやすく解説していきます。

新型コロナウイルスは、目から感染するの?

「新型コロナウイルスが目から感染するって、本当なの?」と思っている方もいるでしょう。新型コロナウイルス感染症(通称 COVID-19)の感染者が急増していますが、この感染症は口や鼻などの上気道の粘膜から感染することがわかっています。

目には、粘膜組織の結膜というものがあります。つまり、新型コロナウイルスは、目の結膜から感染する可能性があるのです。では、どのような経路で新型コロナウイルスは、目から感染するのでしょうか。

新型コロナウイルスが目に到達するまでの流れ

新型コロナウイルスに感染した方は、病気の症状としてくしゃみや咳をよくします。つばに含まれる新型コロナウイルスが他人の顔にかかった場合、目の粘膜から感染してしまう可能性があります。

それなら、「周囲に人さえいなければよいのでは?」と思った方もいるでしょう。しかし、新型コロナウイルスの付着したテーブルやパソコン、スマホなどを触りながら、目をこすってしまった場合、こすった手からウイルスに感染してしまう可能性があります。

目からの感染を防ぐには?

新型コロナウイルスは、目から感染してしまう可能性があることがわかりました。では、どのような対策が有効なのでしょうか。一般的な対策としては、手洗い、またはアルコール消毒が有効となります。

また、洗っていない手で目を触ってしまうと、新型コロナウイルスが粘膜に付着する可能性があります。そのため、目を触らないということを常日頃から意識するようにしてください。目を触らない・目をこすらないという心がけが、新型コロナウイルスの感染拡大防止につながります。

ゴーグルを利用すれば、目からの感染を守れる可能性がある

新型コロナウイルスの感染拡大防止には、医療用ゴーグルが役立つことがわかっています。医療用ゴーグルがあれば、目の粘膜へのウイルスの付着を防ぐことができますが、完全ではありません。

たとえば、医療用ゴーグルに隙間があれば、そこから新型コロナウイルスが侵入してくる可能性があります。また、新型コロナウイルスが付着した医療用ゴーグルを触った手で目をこすってしまうと、感染してしまう可能性があるため注意が必要です。

医療用ゴーグルの選び方

医療用ゴーグルといっても、さまざまなものがあります。実際に、会社で医療用ゴーグルを導入する必要がある場合、どのようなものを購入すれば良いのでしょうか。次に、医療用ゴーグルの選び方についてご説明します。

むれない通気孔のあるもの

長時間、ゴーグルをつける方に悩みをおうかがいすると、多くの方が「むれてしまって、視界が悪くなる」と回答されます。1度、仕事をスタートしてしまえば、簡単に交換することはできないため、非常に困ることになります。そのような悩みを抱える方におすすめなのが通気孔のあるタイプのゴーグルです。

通気孔のついているタイプのゴーグルなら、長時間目につけていてもむれづらく、くもりによって視界が遮られることがありません。ただし、通気孔がついているということは、そこから新型コロナウイルスが侵入してくる可能性があります。

新型コロナウイルスに感染する可能性を少しでも抑えたい場合は、むれることになったとしても通気孔のついていないタイプのゴーグルの利用をおすすめします。

メガネが利用可能かをチェックする

医療用ゴーグルを購入する際、注意していただきたいことがあります。それは、メガネが干渉しないかということです。日常生活で眼鏡をかけている方は、ゴーグルとメガネを同時につける必要があります。

この点をしっかりと確認しておかなければ、メガネを併用できないということになりかねず、コンタクトの使用が必須となってしまう可能性があります。一般的にメガネと併用可能なゴーグルは、非常に大きくメガネをすっぽりと覆うことができます。

ただし、フレームの大きいメガネを使用している方は、メガネと併用可能なものでも干渉してしまうことがあるため、ゴーグルのサイズも含めて慎重に検討しましょう。

バイザーがあれば、ウイルスの飛沫感染を防止できる

医療用ゴーグルで目を隠すことができたとしても、新型コロナウイルスの顔への飛沫が気になる方もいるでしょう。新型コロナウイルスの顔への付着を防止したい方は、バイザー付きゴーグルの利用をおすすめします。

バイザー付きゴーグルなら、目から口にかけて顔全体への新型コロナウイルスの侵入を防ぐことができます。そのため、診療中の方が咳やくしゃみをしても、感染リスクを大きく下げられます。

しかし、バイザー付きゴーグルを購入すれば、他の用途で使いづらいのではと考える方もいるでしょう。もし、バイザーが必要ないときは、バイザーを取り外すことができるため、使用用途が絶対的に限定されるということはありません。一般的なゴーグルとして使うこともできるため、感染しやすい仕事をしている方は、バイザー付きゴーグルの利用を検討してみてはどうでしょうか。

レンズを交換できるタイプなら長期的に利用できる

医療ゴーグルは、長年使っていくことになりますが、どうしてもレンズに傷がついてしまうと、視界がクリアではなくなってしまいます。これでは、仕事に支障がでてしまいますよね。

通常であれば、レンズを買い替える必要があるのかもしれません。しかし、劣化したレンズを交換できるゴーグルであれば、新しいものと取り換えることで、視界をクリアな状態にできます。

そのため、既存のゴーグルを処分する必要がありませんし、また買い替える必要もありません。しかし、ゴーグルのレンズを取り換えられるのかについては、メーカーによります。レンズが交換可能な製品を望むのならば、購入前に交換レンズも含めてチェックしておきましょう。

軽量化されたものなら頭への負担も少ない

メガネが併用可能なことやレンズが交換可能な点も大切ですが、ゴーグルの重さも大切です。なぜなら、重たい医療用ゴーグルを長時間つけていると疲れてしまうからです。特に、耳や鼻に強い負担のかかるものはおすすめできません。

また、バンド部分の負担によって頭痛が発生するケースがありますので、バンドの広さにも注意を払いながらベストなものを選んでください。

新型コロナウイルスの侵入を防ぐためにゴーグルを装着しよう

目の粘膜からの新型コロナウイルスの侵入を防ぐなら、ゴーグルの利用をおすすめします。ゴールを利用したからといって、ウイルスの侵入を完全に防ぐことはできませんが、リスクを軽減できることは間違いありません。

株式会社ヨコモリ電池屋コーポレーションでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ゴーグルの販売を行っています。大量のゴーグルが必要な場合でも、お客さまのご要望に合わせてご用意させていただきます。今一度ご相談ください。

life-guardians

ライフガーディアンズ運営事務局のメディアチームです。 新型コロナウィルスをはじめとした感染症、防災に関する記事を世界中より取り寄せ、日々記事にまとめています。

all author posts